基礎知識

住宅ローンって何?金融機関別、金利タイプ別の分類

一言に住宅ローンと言っても、その種類や金利タイプなど様々な商品があり、どれを選択するかで将来のライフプランに大きな影響を及ぼします。

住宅ローンを検討するにあたって、概要、種類などについて知っておきましょう。

そもそも住宅ローンって何?

住宅ローンとは

本人や家族が住むための住宅宅地建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地)の取得増改築をするために、銀行などの金融機関かの融資(資金を融通して、必要な人に貸し付けること)

のことを指します。

住宅の取得等の目的のために受ける融資なので、車の購入などそれ以外の目的の支払いには使えません。

ただし外構費用、火災保険などの住宅取得に関連した諸費用を借入金額に含めることが可能な住宅ローンもあります。これについては金融機関で商品の内容が異なりますので、ローンの商品概要説明書の資金使途(資金の使いみち)をその都度確認するしか方法がありません。

融資主体別による住宅ローンの種類

住宅ローンを借りることが出来る金融機関を大きく分けると、

  1. 財形住宅融資など公的機関が融資する公的住宅ローン
  2. 銀行など民間金融機関が融資する民間住宅ローン
  3. 住宅金融支援機構と民間金融機関が提携しているフラット35、フラット50

に分類されます。それぞれみていきましょう。

公的住宅ローン

公的住宅ローンには住宅金融支援機構の「災害復興住宅融資」や「財形住宅融資」などがあります。

利用するにはそれぞれ要件があります。

名称 特徴
災害復興住宅融資 自然災害により被害が生じた住宅の所有者又は居住者が、被災住宅を復旧するための資金の融資
財形住宅融資 財形貯蓄を1年以上継続、2年以内に財形貯蓄の預け入れがあり、残高が50万円以上などの要件を満たす勤労者が対象

フラット35を公的住宅ローンに分類しているケースを見かけますが、これは間違いです。

民間住宅ローン

金融機関ごとに様々な住宅ローンがあります。借入期間、借入金額、使いみち、金利など金融機関によって多種多様な商品があります。

  • 銀行などの金融機関…大手銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク
  • ネット銀行
  • 保険会社
  • モーゲージバンク
  • ノンバンク

フラット35,50

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供する全期間固定金利型の住宅ローンです。

取得する住宅は、住宅金融支援機構の定める要件に適合している必要があります。

金利タイプ別による住宅ローンの種類

住宅ローンは金利タイプで次の2種類があります。

  1. 全期間固定金利型の住宅ローン…借入当初(借入のはじめ)から最終返済まで金利が変わらない。
  2. 変動金利型の住宅ローン…経済情勢に応じて金利が変化する。

全期間固定金利型の住宅ローン

最終回まで金利が変わらないことから、返済計画が立てやすいメリットがあります。

ローンの種類 特徴
フラット20、35 全期間固定の金利ですが、取扱い金融機関によって金利は異なります。また住宅価格に対する融資比率が9割以下か9割超によっても金利が違います。
フラット50 長期優良住宅が対象。金利の設定はフラット35より高い。
民間住宅ローン 条件によってはフラット35より低い金利のローンもあります。段階金利型(当初10年○.○%、11年目から最終回まで△.△%という金利設定)というローンもあります。

https://www.housingloan2.com/fixed-rate/

変動金利型の住宅ローン

固定金利型の住宅ローンよりも、金利は低く設定されています。

金利タイプ 特徴
変動金利型 適用される金利が年2回見直されるタイプが一般的になっています。
固定金利選択型 当初の一定期間は金利が固定されている。固定金利期間が終了すると変動金利になるか、その時点の水準で再度期間を決めて固定金利を選択することが可能です。
財形住宅融資 金利、返済額とも5年で見直しが行われます。

https://www.housingloan2.com/floating-rate/

https://www.housingloan2.com/fixed-rate-selection-type/

最後に

住宅ローンを取り扱っている金融機関の数は膨大です。

さらに金利設定を含めたローン商品の中身もそれぞれの金融機関により異なっています。これだけの数から闇雲に自分にあったローンを見つけ出すのは容易ではありません。

見つけ出すためのポイントや手段について、これからご紹介していきます。